リンク

無料ブログはココログ

« 熱田神宮に詣でる | トップページ | 岐阜城 »

2012年12月18日 (火)

清洲城

こんにちは(◎´∀`)ノまほろばです。
清洲城へ行ってきました。江戸時代の初期に廃城になったお城ですよね。
現在は公園と模擬の天守が建っております。東海道線からもよく見えます。

~~概略~~
清洲城は尾張守護所の下津城の別郭として室町時代に築かれたお城だそうです。
内紛で下津城が消失して守護代は清洲に移り尾張の中心地になったそうです。
その後、織田家の内紛が色々あり(笑)織田信長公が那古屋城(名古屋)から移って本拠地にしたそうです。
信長公は拠点をコロコロ替えますが息子の織田信忠が城主になり本能寺の変後は信雄が城主になり清洲城は近世城郭へと改修されていきます。
関が原後は松平忠吉、徳川義直が城主になるけど徳川家康公の指令で本拠地を名古屋に移します。これを「清洲越し」と言うそうです。石材、木材全てを名古屋に運び名古屋城へ流用され清洲城は田畑へ消えていきましたとさ。

Dsc_0231

本丸跡の天守台跡だと思います。思いますなのは地図を見てもよく分からなかったから・・(;・∀・)

現在の清洲城は清洲公園と清洲古城址公園に分かれてます。分断しているのは東海道線で、この本丸跡は清洲公園にあります。

Dsc_0236

こんもりとした天守台跡(?)の上に清洲城跡顕彰碑があります。紅葉が良い感じですね。歴史の中に消えていったお城・・ロマンです。

Dsc_0244

Dsc_0245

Dsc_0248

発掘された石垣を復元した物が五条川の土手上にあります。野面積みですね。

Dsc_0257

鉄筋の模擬の天守です。犬山城を参考に造ったとか。中で見られる清洲城の歴史は面白かったですよ。

Dsc_0269

模擬天守の廻縁から名古屋市街地方面を見る。中央少し右に名古屋城天守が見えます。「清須越し」は近くへの引越しで東海道線でも名古屋から2駅目でしかないです。

Dsc_0275

清洲古城址公園の信長公の像。凛々しい。

Dsc_0281

最後に全盛期の清洲城の縄張りを。五条川を取り込んだ広大な城域です。外周は現在の清須駅まで達します。ちなみに清洲駅から清洲公園まで徒歩で15分位です。

現在は殆ど残っていない清洲城。歴史に埋もれていったロマンを感じたお城でした。

« 熱田神宮に詣でる | トップページ | 岐阜城 »

お城」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/563218/56343419

この記事へのトラックバック一覧です: 清洲城:

« 熱田神宮に詣でる | トップページ | 岐阜城 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お城めぐり

最近のトラックバック