リンク

無料ブログはココログ

« 清洲城 | トップページ | 横須賀 艦艇一般公開に行ってきました その5 »

2012年12月23日 (日)

岐阜城

こんにちはヽ(´▽`)/まほろばです
岐阜城に行ってきました。前日に雪が降り寒い日でした。

~~岐阜城概略~~
岐阜城は金華山に築城された山城です。稲葉山城とも言います。
始まりは鎌倉時代に二階堂行正が砦を築いたのが始まりといわれてるそうです。
二階堂行正は源頼朝が鎌倉幕府をひらいた時に大きな役割をした一人ですね。
その後、支配者は何度か変わり戦国時代になると有名な斉藤道三が城主になります。
・・ここまで書いたけど目まぐるしく城主が変わります(´Д`)。書く意味があるのか疑問になってきました(笑)。本当に大まかに書くと斉藤氏を織田信長公が攻め岐阜城を本拠地しました。その後安土城に本拠地を移すと息子の信忠が城主になります。本能寺の変後には色々あり池田氏、豊臣秀勝が城主に。関が原の合戦の時は信長公の孫の秀信が城主になり西軍に付くが東軍に攻められ降伏・開城しました。
徳川家康公は岐阜城を廃城にし、近くに加納城を築城したのでした。加納城には岐阜城の天守等々が移されたそうです。

Dsc_0285

麓からの仰ぐ天守です。高いですね!標高329メートルだそうです。

Dsc_0287

雪景色の岐阜公園。晴れたのは幸いでした。

Dsc_0300

ロープウェイで山頂まで一気に上ります。徒歩でも登山できますが雪が積もってるいるのでやめておきました。雪景色です。

Dsc_0301

天下第一の門です。冠木門ですね。元々この門は無かったようです。

Dsc_0306

上格子門跡です。関が原の合戦の前に東軍は岐阜城を攻め落としました。その時に激戦になった門だそうです。細い山道をここまで登って攻め落とすって凄いですね。

Dsc_0307

細い道を進みます。とにかく広いスペースはありません。居住は麓に御殿を造って住んでいたのでした。御殿と言っても天守まであったそうです。
登ってみたら解るんですが関が原前哨戦ですぐに城が落ちたのがなんとなく解ります(;´∀`)
確かに山は急峻で攻め辛くはあると思うけど急峻なだけにスペースが無く置ける兵も少なかったでしょうね。使い勝手は悪い城だったんだろうなぁと思いますよ。

Dsc_0312

馬場跡。馬を繋いでいた場所と言われております。馬場ではなく矢場の跡ともいわれております。どっちにしても狭いです(^ω^)。数少ない平らな場所が続くというだけだそうで。

Dsc_0319

岐阜上天守。岐阜城が廃城になった時に加納城に移築され二の丸御三階櫓になりました。残念ながら加納城の御三階櫓は落雷で消失しました。
戦前に木造で模擬天守が建てられたけど焼けてしまい戦後に鉄筋で模擬天守を建てられたのがこの天守です。

Dsc_0334

野面積みの石垣。中々味わいのありますね。

Dsc_0324

Dsc_0325

天守最上階から見る景色は素晴らしい。それに雪景色というオマケつき。登るときに滑って危なかったけど来て良かったです。

Dsc_0331

岐阜城資料館です。これも模擬ですね。歴史資料が展示されてました。

Dsc_0350

ロープウェイで下り麓の信長居館跡に行きました。がっ!

Dsc_0354

Dsc_0365

雪に埋もれてました。履いている靴は長靴でもなぐ・・ざっと見るだけで諦めました。雪でなんだか解らなかったし(;´∀`)

Dsc_0347

岐阜公園の庭園です。池から湯気が上がって幻想的ですね。

岐阜公園を出た後に岐阜市歴史博物館に向かいました。岐阜城周辺のジオラマが岐阜の歴史を教えてくれて面白かったです。スタッフの方にも岐阜城・岐阜の歴史を長々と伺う事が出来ました。

« 清洲城 | トップページ | 横須賀 艦艇一般公開に行ってきました その5 »

お城」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/563218/56374946

この記事へのトラックバック一覧です: 岐阜城:

« 清洲城 | トップページ | 横須賀 艦艇一般公開に行ってきました その5 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お城めぐり

最近のトラックバック